外貨預金について知り、上手に外貨預金関連の運営を行いましょう。


2009年07月26日

外貨預金

外貨預金って何?という方も少なくないでしょう。



外貨預金
とは、簡単に言うとユーロドル

ポンドオーストラリアニュージーランドドルなどの

外国のお金で預金することです。



そして、この頃は外貨預金をする人も多くなりました。



なぜ、外貨預金が人気なのかというと、
日本円に比べて金利が高いという点と
為替レートが変動することによって起こる利益=為替差益
生じることにより増やすことができるからなのです。



日本の銀行に預けていても、
利息は低くなったため、
外貨預金をするという人が増えているのです。



とはいえ、外貨預金で必ずしも増やすことができるとは限りません。



例えば、外貨預金に預けた時より換金する時に
円安になってしまった場合は、
損をしてしまいますので、
選んだ外貨の国の経済の動きやお金、
政治などをチェックするといいでしょう。



また、ユーロやドル、ポンドやオーストラリア、
ニュージーランドドルと様々な国の外貨預金をすることができます。



一つの国だけで外貨預金を行うと急落した際のリスクが高くなることもありますが、
ドルとマルク、ユーロとマルクなど分散させておくと
リスクも分散することができます。



外貨預金は資金運用にもってこいといえます。



損をしないように資金運用しましょう。
posted by デポジッター at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨預金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。