外貨預金について知り、上手に外貨預金関連の運営を行いましょう。


2009年07月28日

外貨預金の金利

外貨預金を始めるならやはり気になるのは金利ではないでしょうか。



金利外貨預金利用する銀行によって違います



例えば、アメリカドルを住信SBIネット銀行に普通預金で預けた場合、
金利は0.050%で、6ヶ月間定期預金で預けた場合は0.220%です。



ユーロの場合は、普通預金の場合は金利0.050%で、
定期預金の場合は0.260%です。



オーストラリアドルの場合は、普通預金で預けた場合、
金利は0.800%で、定期預金の場合は2.550%です。



また、みずほ銀行では、アメリカドルを普通預金で預けた場合、
金利0.010%で、6ヶ月間定期預金で預けた場合は0.050%です。



ポンドの場合は、普通預金で預けた場合、金利は0.100%で、
定期預金で預けた場合は0.400%です。



オーストラリアドルの場合は、普通預金で預けた場合、
金利は0.500%で、定期預金の場合は1.400%です。



さらに、ソニー銀行では、アメリカドルを普通預金で預けた場合、
金利は0.05%で、6ヶ月間定期預金で預けた場合は0.12%です。



オーストラリアドルの場合は、普通預金で預けた場合、
金利は0.7%で、定期預金で預けた場合は2.21%です。



ニュージーランドドルの場合は、普通預金で預けた場合、
金利は0.5%で、定期預金で預けた場合は1.89%です。



銀行によって外貨の金利は違います。



金利の高いところで外貨預金を行うといいでしょう。
posted by デポジッター at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨預金 金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。