外貨預金について知り、上手に外貨預金関連の運営を行いましょう。


2009年07月27日

外貨預金の初心者

銀行に預けても金利が低くて・・・
そんな声があちこちから聞こえてきます。



そのためか外貨預金資産運用の新しい形として注目されています。



外貨預金のしくみは簡単なものですので、
初心者でも始めやすい資産運用の方法であります。



また、初心者であっても、
外貨預金のメリットやデメリットを知り、
預金予定の国の政治や経済、
お金の動きなどをチェックすることで大きな失敗は回避できます。



外貨預金とはいえ日本でお金を預けることとかわりはありません。



外貨預金にも普通預金と定期預金とあり、
普通預金であれば、基本的には出し入れは自由ですが、
定期預金は満期日より前に引き出すことはできませんし、
途中で解約することもできません。



外貨預金のメリットは、
外貨預金を行った時から円安の時に換金した場合、
差額=為替差益
がでます。



デメリットとして、外貨預金を行ったときから円高の時に換金した場合、
為替差損
となってしまうのです。



また、預金を行う際や換金の歳は手数料が発生します。



外貨預金を行った時と為替に変動がなければ、
手数料分損となってしまいますので、注意が必要です。



外貨預金初心者は、
外貨預金の仕組みなどをしっかり調べて
外貨預金することをオススメします。
posted by デポジッター at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨預金 初心者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。